RapidWeaver - クールな Web サイトをドラッグ&ドロップでカンタン作成 -


Macユーザー限定の話になってしまいますが、RE CASIN(リ カシン)ではウェブサイトやブログ制作にRapidWeaver(ラピッドウィーバー)というMac専用のアプリケーションを使っています。

ホームページ制作というのは初心者にはとても難しいですよね?(私はすごく苦労しました)
書店には沢山の入門書があります。確かに簡単につくれますが出来上がりが…(^_^; お世辞にもカッコいいウェブサイトとは言えません。かと言って
DreamweaverGoLiveといったプロ用のアプリケーションを購入するとなると、結構な出費ですしなにより使いこなせません(笑) タグ打ちなんて出来るわけもありませんし。

そこで、簡単操作でカッコいいウェブサイトが作れてなおかつ低価格なアプリはないかと探してみた所いくつか見つかりました。

iWeb(iLife'06に同包 6800円)

Sandvox(Regular US$49・Pro US$79)

Freeway4(Express ダウンロード版12,800円・Pro ダウンロード版27,800円)

ID for WebLiFE20,790円)

RapidWeaver(ダウンロード版4500円)

どれもカンタン操作を売りにしているものですが、まず価格でFreeway4とID for WebLiFEは脱落。(実はID for WebLiFEは持ってますが細かい話なので飛ばします)
残った
iWeb、Sandvox、RapidWeaverの中から選ぶ事にしました。(いわゆるCMSというジャンルです…多分)

まずはiWeb、Apple純正ソフトです。それだけで購入しても良いくらいでしたが(笑)、今回は慎重に調べてみました。基本的にはあらかじめ用意されたテンプレートを使って目的に合ったページ(文章・フォトギャラリー・ブログなど)を追加して作っていくようです。
はじめに単体で買えないって所に引っかかりましたが、同包されているアプリを差し引いても6800円という価格はリーズナブルだと思いました。
実際に使っている人のレビューを見てみると、Appleらしくシンプルな操作でカッコいいウェブサイトができるようです。iPhotoやiMovieなどの純正ソフトとの連携も魅力です。

ただひとつ、いくつかのテンプレートはウェブサイトを公開したときに文字が画像として認識されてしまうみたいです。(iWeb 文字 画像 などのキーワードで検索してみてください)
文字が画像として処理されてしまうと、ウェブブラウザで開いたときに表示が遅くなってしまったりGoogleなどの検索サイトで自分のウェブサイトが検索に引っかからないなどデメリットが多いです。
すごく魅力のあるアプリでしたが今回は見送る事にしました。



次にSandvox。コンセプトなどiWebと同じ。(というかこっちの方が先に世に出たみたいです…)
まさにMac用アプリといった感じの使いやすそうなインターフェースです。アイコンも可愛いし(笑)、「Sandvox」というネーミングもいいですね。チュートリアルムービーを見ていると「お、おー!」という事もしばしば。
制作意欲をかき立てられます。
ただ(笑)、このアプリは日本語ではない事と検討していた当時βバージョンであったのでこちらも購入には至りませんでした。しかし侮れない存在です。

チュートリアルムービー



最後にRapidWeaverですが、こちらもiWeb、Sandvoxに非常に似ています。(恐らくRapidWeaverが一番古い?)もともとイギリスのRealMac Softwareという会社のアプリですが、日本ではact2が代理販売?しています。
RapidWeaverは、Theme(テーマ)と呼ばれるテンプレートを選んで、テーマの中にページを追加していきます。ページの種類をプラグインと呼び、フォトアルバムやムービーアルバム、ブログにメールフォームなど様々なプラグインがあります。
サードパーティー製のテーマやプラグインも充実していて(有料・無料あり)、iWeb、Sandvoxと比べてもその充実ぶりは一番ではないでしょうか。

で、最終的にこのアプリに決めたわけですが、理由をあげると…

1.購入時すでにバージョンが3.2であった(iWebはバージョン1、Sandvoxはβ版でした)
2.豊富なサードパーティー製テーマとプラグイン
3.HTMLを直接扱うことも出来る
4.作りながらその場でプレビューが出来る
5.購入時は日本語版はなかったが近々出る予定だった(現在は日本語対応しています)
6.インターネット上に他の2つのアプリに比べて情報が多かった(主に2chやmixi)
7.何より安い(笑)

といったところでしょうか。

実際に使ってみてMacライクな操作方法と管理のしやすさが良いですね。テーマが豊富なので自分の目的に合ったウェブサイトが作れます。現在も新しいテーマやプラグインが続々と出ています。
ただ(こればっかり)、製作している会社がイギリスなので本家
RapidWeaverのウェブサイトはもちろん英語、サードパーティーのウェブサイトもほとんどが英語です…。英語がものすごーく苦手な私には高すぎる壁でしたが、テーマやプラグインをいくつか購入したりしました。人間やろうと思えばなんとかなるもんですね(笑)

現在はバージョンも3.5.1となり成熟の域にきていますが、日本ではRapidWeaverに関して情報が少なく、iWebは知っていてもこちらは知らないという人は多いと思います。
これからこのブログでは、RapidWeaverの使い方など初心者のための情報を掲載していきたいと思います。(少しづつですが…)また、答えられる範囲であれば質問にもお答えします。答えられる範囲であればですよ(^_^;

RealMac Software(本家)
ちなみに本家のウェブサイトはRapidWeaverで作られています…多分。(アプリには'05にRealMac Softwareのウェブサイトに使われていたテーマが入っています)

チュートリアルムービー
http://www.realmacsoftware.com/tour/


長々と書きましたが、興味のある人はそれぞれ体験版がありますのでダウンロードしてみてはいかがでしょうか。(iWebは体験版がありませんiLife'08は体験版がありました)


2008/12/02追記
Macのホームページ作成ソフト 比較レビュー
情報量も豊富ですごくわかりやすいです。オススメ。


MASで販売しているアプリ

Freeway Express AS (Version 5.5.7) App
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥2,600
デベロッパ名:Softpress Systems
リリース日:2011/06/01
対応デバイス:無し
現Ver.の平均評価: (無し / 0件の評価)
通算の平均評価: (無し / 0件の評価)
Game Center:非対応
iPhone iPhone


RapidWeaver (Version 5.1.1) App
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥6,900
デベロッパ名:Realmac Software
リリース日:2011/01/03
対応デバイス:無し
現Ver.の平均評価: (無し / 0件の評価)
通算の平均評価: (2.5 / 2件の評価)
Game Center:非対応
iPhone iPhone

blog comments powered by Disqus