テーマカスタマイズの基本1:必要なアプリケーション

RW3.6検証済みRW3.5検証済み
テーマを自分の好みに作り替えるには、基本的に、style.css(その他CSSファイル)、index.htmlTheme.plistを変更することになります。

これらのファイルを変更する場合は、
テキストエディタといわれるアプリケーションが必要となります。
OSXにはじめから
テキストエディットというアプリケーションがインストールされていますが、いまいち使い勝手が悪いので出来れば他のアプリケーションを使うことをおすすめします。

無料
mi
Smultron
など

有料
skEdit
coda
CSSEdit(CSS専用)
など

テキストエディタで検索すれば他にも色々出てくると思います。色々試してみて自分にあったアプリケーションを探してみて下さい。
ちなみに私は、htmlファイルの編集にはskEditを、CSSの編集にはCSSEditを使用しています。

最後に
Theme.plistですが、このファイルだけはProperty List Editorで開きます。Property List Editorと言うのはDeveloper Toolsに収録されているアプリケーションですが、Developer Toolsがインストールされていなければ、OSのInstall CDまたはDVDからインストールしてください。
Developer Toolsがインストールされていれば、Finderから
/Developer/Applications/Utilities/ をたどれば見つかるはずです。Property List Editorがインストール済みならば、Theme.plistをダブルクリックすればProperty List Editorが起動します。

続いて、
テーマカスタマイズの基本2:テーマの場所&編集したいファイルを表示する

blog comments powered by Disqus