RW&Pluginのバージョンを無視した作業に泣く

Rapidweaver3.6が登場してからあっという間に3.6.3までバージョンアップしました。作業をしているとアプリケーションに合わせたプラグインの細かいバージョンチェックがおっくうになってしまって構わずプラグインのアップデートしていました。

他のサイトで
Pluskitプラグインを使ってAccordionスタイルつきテキストに組み込んでいたのですが、当たり前のように不具合が発生。ページが書き出せずアプリも応答しなくなる始末…。
プロジェクト内で新規にスタイルつきテキストページを作成し、再度Accordionを組み込んでみましたが解決せず…。Pluskitのバージョンを下げてもダメ…。
結局、新規にプロジェクトを作成して、テストしてみたところ書き出しが出来ました。

出来たのはいいのですが、3.6.3.の新機能、プロジェクト間でページのコピーを問題のページに使用すると不具合発生…。その部分だけはもう一度作り直す必要があるようです。
他のページはコピー出来るものの、フォルダ名やファイル名は全部指定し直さなければならないのでやる気が起こりません…。
私みたいな馬鹿な人はいないと思いますが、プラグインの新しいバージョンが出たからといってむやみやたらにアップデートするのはやめましょうね…。


なんか3.6.3がめちゃめちゃ不安定になって…書き出しもまた出来なくなって…何が何だかさっぱりです…。バージョンを3.6.2に戻しました。(2007/10/1)
何となく原因が。1ページあたりのテキスト数が多いのかも。書き出しが出来ないページは4500行もあったので(笑)。(2007/10/1)
blog comments powered by Disqus