Rapidweaver 4.0 は Cover Flow に対応

先日、Leopard(レパード)が発売されましたが、Rapidweaver 4.0は Leopard専用アプリケーションになります。
Dan's Blogにそのことについて書いてありますので覗いて見て下さい。RW3.6ユーザーは無償でアップグレード出来るそうです。

下の画像はそのブログから。テーマビューが
Cover Flow(カバーフロー)に対応していますね。キビキビ動いてくれるんでしょうか?メリットがあるのかないのかよく分かりませんが(笑)。
インターフェースも刷新されていますね。ウィンドウ上部にアイコンが並んでいます。





こちらはRapidweaver3.6.4


Mac OS10.5 Leopard 以下に対応したバージョンは、Rapidweaver3.7までと記憶していますがどうなんでしょうね?
MacのウェブサイトでLeopardの
ビデオガイドを見ましたが、すごい!IntelMacだけでなく、G5、G4でも動くんですね。全然知りませんでした(笑)。
ネットを見てるとTigerよりもキビキビ動くという人が多かったです。(まぁお決まりのアップデートで不具合受ける人も多かったですけど。)

欲しい…。(独り言)

あ、ブログのPHP化終わりました。リンク切れで404を見ちゃった人はごめんなさい。


参考リンク:
MacLiveでのRealmac Softwareブースの様子(Flickr)

blog comments powered by Disqus