FeedBurnerを利用してRSSフィードをカスタマイズする



RW3.6検証済み
このエントリの内容は RapidWeaver 3.6 を使用して検証、カスタマイズされた時のものですが、このバージョンでの動作を保証するものではありませんのでご注意下さい。また、表示の無いバージョンでは動作しない、エラーが出ないという意味ではありません。
Rapidweaverのブログページは、RSSフィード機能が備わっていますが、実際に購読者がいるのか、どの記事を見に来てくれたのかなどを知ることは出来ません。せっかくRSSフィードを配信しているのに寂しいですよね?(笑)。
そういう時は、
FeedBurnerというサービスを利用すると、RSSリーダーに登録している購読者数や、フィードからのサイト訪問者数などを正確に知ることが出来ます。その他にも沢山の機能を備えていて使わない手はありません。
導入に際して色々調べてみたのですが、
MovableTypeなどの情報はありましたが、Rapidweaverでの情報が見当たらなかった(日本語の情報は無かったと思う)のでエントリしてみました。

FeedBurnerを利用する為には無料会員登録をします。簡単なのですぐに手続きは済むと思います。
http://www.feedburner.jp

会員登録が終わったら、RSSフィードを登録します。フィードを登録する時に、ポッドキャスト対応にチェックをするところがありますが、取り合えずチェックしておけば良いでしょう。(必要ないならしなくても良いと思います。Podcastの設定は後からでも出来ます。無効することも出来ます。)
登録する際に、フィードのタイトルとFeedBurnerのアドレスを入力する画面がありますが、タイトルはRapidweaverで入力したものが表示されます。アドレスは自動で入力されるので、変更した方が分かりやすくて良いかもしれません。
登録の途中でPRO機能をONにするチェックを入れておいて下さい。(こちらも後からPRO機能を有効にすることが出来ます。)
RSSフィードの容量が大きすぎる(500KB以上)と警告が出たら、RapidweaverのRSSフィードの設定で「メインページのみ」にチェックを入れるなどして容量を調整して下さい。

フィードの登録が終わったら実際にRapidweaverで利用してみましょう。

RapidweaverでFeedBurnerを利用するには、ブログページの設定からRSSを選択し、カスタムフィードの項目にチェックを入れて、FeedBurnerで決めたアドレスを入力します。(例:http://feeds.feedburner.jp/rapidweaverfan)
これで、RSSフィードに関する詳細なデータを閲覧することが出来るのですが、ちょっと問題があります。それは、元々発信していたRSSフィードのアドレスが変わってしまうという問題です。

どういうことかというと、今まで http://rapidweaver.recasin.com/files/blog.xml というアドレスで配信していたRSSフィードアドレスが、http://feeds.feedburner.jp/rapidweaverfan のようなアドレスに変わってしまうということです。
個人的に、これは気持ち悪いというか、これでは今までのRSSフィードアドレスで受信していた人にブログの更新を伝えることが出来ませんので、今までのRSSフィードアドレスのままFeedBurnerの機能を使うために、フィードをリダイレクトすることにしました。(こちらの方法にする場合はRapidweaverカスタムフィードをオフにしておいて下さい。)

その方法は、FeedBurnerのサイトで詳しく解説してありますのでそちらをご覧下さい。
http://www.feedburner.info/archives/category/リダイレクト設定
(.htaccess や mod_rewirte 、301&302リダイレクト については適当にググって調べて下さい。)

このページではRapidweaverでの利用方法が書かれていないので少し補足します。

まず、mod_rewrite がインストールされている場合の302リダイレクトの例はRapidweaverの場合だと…

RewriteEngine onRewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} !FeedBurnerRewriteRule ^files/blog?\.xml$ http://feeds.feedburner.jp/rapidweaverfan [L,R]

のようにします。RapidweaverのRSSフィードは、files/blog.xml (blog というのはRapidweaverブログページ設定で入力したRSSファイル名)というアドレスになるので、サンプルコードのままだと機能しません。

次に、mod_rewrite がインストールされていない場合の302リダイレクトの例だと…

RedirectTemp /files/blog.xml http://feeds.feedburner.jp/rapidweaverfan

のようにします。この方法は、RSSファイルを2つ用意する必要がありますが、こちらの方法で注意しなければならないのは、ブログページを更新するたびに手動でRSSファイルを更新(コピー)する必要があるということです。Rapidweaverは同時に2つのフィードを生成することが出来ないので、手動でやる以外に方法はありません、多分。(RapidweaverはRSSファイルを1つしか生成しませんので1行しか書く必要はありません。)

最後にもう一つ。ここまでの設定では…

http://rapidweaver.recasin.com/files/blog.xml
↓(リダイレクト)
FeedBurner
↓(アドレス変換)
RSSリーダー(http://feeds.feedburner.jp/rapidweaverfan で登録)

というように、ブログのRSSアイコンをクリックする時は元のフィードアドレスでしたが、RSSリーダーに登録する時は、FeedBurnerのアドレスのままになっています。
RSSリーダーに登録する時も元のフィードアドレスにするには、(PRO機能が有効な状態で)FeedBurnerのサイトで登録したフィードの「最適化」タブをクリック、「ブラウザ・フレンドリ」の「ワンクリックボタンの転送設定」に元々のRSSフィードアドレスを入力します。最後に保存をして終了です。これでRSSフィードアドレスを変更することなく、FeedBurnerを経由することが出来ます。

ブログ閲覧者が初めてRSSフィードを登録する際、FeedBurnerの画面(ブラウザ・フレンドリ)を経由することになりますが、RSS初心者にとっては逆に分かりやすいと思いますので個人的には問題ないです。

説明が長すぎてなんのこっちゃわからんという人も多いと思いますがご勘弁を。FeedBurnerには沢山の便利な機能がありますので、いろいろ試してみて下さい。
(このブログには既にFeedBurnerを導入済みです。サイドバー下のRSSアイコンをクリックしてみて下さい。)

blog comments powered by Disqus