IE6以下をW3C標準仕様に準拠させるライブラリ「IE7.js」



Internet Explorer 6 以下のブラウザはウェブ標準に準拠していないため(IE7はどうなんでしょ?)、いろいろバグがあるのはご存知だと思いますが、GoogleがIE6以下のブラウザの動作をIE7や将来リリースされる?IE8と同じように動作させるためのJSライブラリを提供しているようです。(情報元:mixiのRapidWeaverコミュ)

Google:ie-7js
http://code.google.com/p/ie7-js/

このライブラリで出来ることは…
  • IE7と同じようなXHTMLやCSSの解釈をしてくれる
  • 透過PNGを扱える
みたいです。

ただし、このライブラリはまだベータ版(このエントリ時点でBeta3)なので、完全じゃなみたいですね。(プロの方は余計に仕事が増えるので敬遠しているようです…。)
まぁ、私のような趣味や仕事でも簡単な仕組みのサイトしか必要ないものにとっては有り難いです。
透過PNGを利用するには、画像のファイル名を ○○-trans.png のようにする必要があります。(○のところは任意。)

使い方は簡単で、以下のコードをヘッダ部分に挿入します。RapidWeaver ならばページインスペクタから挿入しても良いと思います。(Googleのサーバーに直接アクセスしていいみたいですね。ダウンロードしてもOKです。)
IE8.js を使う場合は、IE7.js は必要ないようです。

IE6以下の動作をIE7と同じにする場合…


IE7以下の動作をIE8と同じようにする場合?…


注意しなければならないことが2つ。このライブラリは、JavaScript なので、ブラウザで JavaScript をオフにされていると意味がないということです。(まぁ、趣味のサイトなら注意書きでも書いとけば良いんじゃないかと(笑)。)
もう一つは、ほとんどのテーマがIE6とIE7用のCSSが別に用意されているということ。これらと併用して IE7.js を利用するとレイアウトが崩れるようです。(IE6とIE7用のCSSの中身が空なら良いと思いますが。)
利用する際は十分な検証が必要だと思います。多分、IE7.js を利用したテーマがこれから出てくるんじゃないかな?

Googleのサンプルは
コチラ。(IEで見なきゃ意味無いと思いますが。)

参考サイト:
IE6以下をWeb標準に準拠させるライブラリ『IE7.js』

blog comments powered by Disqus