RapidSearch に新バージョンが登場!Google検索に対応!

JoshLockhartで販売されていた RapidSearch がVer.2.0になりました。


今回のアップデートの内容は以下の通り。

  • Yahoo!検索からGoogle検索に完全移行?
  • 検索キーワードのハイライト機能を装備
  • 検索対象のサイトをドラッグ&ドロップでソート(優先順位を決定)可能
  • カスタムヘッダとフッタに対応
  • Blocksに対応

サイドバーへも配置できるようなので使い勝手はかなり良さそうですね。デモ版がダウンロードできますが、サイトを追加しても対象となるサイトは
JoshLockhartのようですね。また、デモ版ではサイドバーのタイトルやコンテンツ部分に通常のテキストが通らないですね。

設置の仕方などは、公式サイトのビデオチュートリアルがかなり充実していますので英語が分からなくてもすぐに出来ると思います。


以下はサイドバーに設置する時のコードです。


デモ板では分かりませんが、サイドバーに設置した場合、日本語で検索できるのでしょうか?取り合えず日本語入力してみましたが文字化けしました。日本語入力に関する情報をお待ちしています。ってそういうときにフォーラムを活用するんですよね(笑)。

→RabidSearchテスト

blog comments powered by Disqus