StacksとPluskitとGoogle Font Directoryを使ってブログにWebFontを表示してみた

Google WebFont Stack を使ってブログエントリにウェブフォントを表示してみました。上手く表示出来ているかな?
私の環境ではちょっと癖があって?CSS名で + が入っているものは + の代わりに半角スペースを入れると動作しました。それでも上手くいかない場合は別のページを表示して、元の編集画面に戻ると表示が直っていました。さらに入力した英数字に書式を消去を適用した方が確実だと思います。ちょっとややこしいです。
*本当はFont CSSの所に IM+Fell+English のように入れるはず
あと、Stacksのページを@importで挿入する時は書式を無視の設定にしないと表示されないようです。


Cantarell(日本語は無視されるようです)

Font name, Font CSS : Cantarell

IM Fell

Font name : IM Fell DW Pica, Font CSS : IM Fell DW Pica

Josefin Sans Std Light

Font name : Josefin Sans Std Light, Font CSS : Josefin Sans Std Light

Lobster

Font name : Lobster, Font CSS : Lobster

Reenie Beanie

Font name : Reenie Beanie, Font CSS : Reenie Beanie

Tangerine

Font name : Tangerine, Font CSS : Tangerine


これだけでもデザインの幅が広がりますが、いつか日本語フォントにも対応してくれるといいですね。
Getting Started - Google Font API - Google Code
Google Font Directory(ここでフォント名などを取得することが出来ます)

blog comments powered by Disqus