【Plugin】@stash の使い方(複数ページに配置しても一括で更新出来る共通パーツが作れる)

RW3.6検証済み
このエントリの内容は RapidWeaver 3.6 を使用して検証、カスタマイズされた時のものですが、このバージョンでの動作を保証するものではありませんのでご注意下さい。また、表示の無いバージョンでは動作しない、エラーが出ないという意味ではありません。
通常、複数のページに同じパーツを配置したい場合、Rapidweaver 単体では普通にコピー&ペーストしていくしかありません。
今後変更がない場合はそれでいいのですが、そのパーツに変更を加えたい場合はパーツを配置したページを全て編集し直さなくてはなりませんので、数が少なくても結構面倒な作業です。

その問題を解決出来る方法として、Rapidweaver3.6 に標準で備わっているスニペットを強化したような
@stash というプラグインをご紹介します。
ダウンロードは
Nilrogs place というサイトでダウンロード(お試しあり・有料)出来ます。(今回紹介する方法は、基本的に「スタイルつきテキスト」のページや「入力欄」で使います。スタイルつきテキストで入力が出来るといえば、ブログや連絡先フォーム、ファイル共有なんかにもありますね。もちろんサイドバーもそうです。他にはサイドバーや Collage プラグインなどの、タイトル部分にも使えるみたいです。色んなところに突っ込んでみて試してみて下さい。)

では、どの辺がスニペットよりも高機能かというと、コード配置に2つの方法あります。

  • Snippet と同じくスニペット化された「タイトル」をドラッグ&ドロップしてコードを展開する方法。
  • コード展開をせずに、簡略化された特殊なコードを配置する方法。

@stash の最大の特徴は、この2番目のコード配置方法につきます。例えば…

  • ブログエントリ毎にブログランキングへのバナーを配置。
  • サイトの全ページのサイドバーに同じパーツを配置。

このような使い方が可能です。どちらも後で修正が必要になった場合、一括で変更可能です。


編集画面・各ウィンドウの解説

まず、使い方の前に機能などの解説。

*@stashの編集画面

@stashの編集画面。大まかに説明すると、左側は作成したStashアイテム一覧(ソースリスト)です。他は…

  • Name・・・作成したStashアイテムやフォルダに名前を付けることが出来ます。
  • Comment・・・作成したStashアイテムやフォルダにコメントを付けることが出来ます。コメントは@stash inspector ウィンドウでも確認出来ます。検索対象にもなるようです(多分…)。
  • Upload item ・・・@stashのページを有効にしておくと各アイテムをサーバーにアップすることが出来ます。アップしておくと他のウェブサイトからでもアップした@stashアイテムを利用出来るようです。(私は通常オフにしています。)
  • Code・・・新規作成の際にここにコードを入力します。

画面したのツールバーのアイコンは左から…

  • Add item・・・ソースリストに新規アイテムを追加します。
  • Add group・・・ソースリストに新規グループ(フォルダ)を追加します。
  • Delete・・・ソースリストで選択したアイテムやグループを削除します。
  • Import・・・書き出した@stashファイル(.stash)やスニペットファイル(.rwsnippet)をインポートすることが出来ます。スニペットファイルをインポート出来るのは嬉しいですね。(このエントリを書くまで知りませんでした…。)
  • Export・・・アイテムを@stashファイル(.stash)として書き出します。
  • Inspector・・・@Stashインスペクターウィンドウを呼び出します。
  • Setup・・・セットアップパネルを開きます。

ソースリストのアイコンやフォルダはコンテキストメニューに対応しています。


  • Add・・・アイテムやフォルダを追加します。
  • Rename・・・名称を変更します。
  • Delete・・・アイテムやフォルダを削除します。
  • Group・・・グループ(フォルダ)を追加します。
  • Duplicate・・・アイテムやグループを複製します。
  • Export Items・・・アイテムをファイルとして書き出します。

各種セッティング

ページインスペクタから幾つかの設定が可能です。


Site settings タブでは以下の設定が可能です。


  • Item upload・・・チェックを入れると@stash の編集画面で「Upload Item」のチェックボックスが有効になります。
  • Saucelist・・ソースリストにあアイテムを自動で並び替える場合はチェックを入れます。手動にする場合はチェックを外して下さい。


Global settings タブでは以下の設定が可能です。

  • Default Inspector location・・・@stash Inspector を呼び出した際、画面のどの位置に表示するかを選択出来ます。
  • Inspector shortcut・・・@stash Inspector をキーボードから呼び出すショートカットを変更出来ます。デフォルトでは「⌘ + 9」です。
  • Tracking tags・・・配置した@stash アイテムに対し編集結果を自動で反映させるかを選択出来ます。通常はチェックを入れたままにしておきます。リセットをした場合はどうなるのか把握(理解)していません。

@stash inspector


@stash で作成したアイテムが並びます。選択したアイテムにコメントを付けることが出来ます(最終更新履歴が残ります)。「Insert code instead of tags」にチェックを入れると、コードを展開して配置します。(デフォルトではチェックは外れていると思います。)
配置の方法は3つあります。(画像とは違いますがチェックが外れていると仮定して…)

  1. そのままドラッグすると @stash((アイテム名)) のように、特殊なstashコードで配置されます。この方法だと共通パーツが作れます。
  2. altキー(option)を押しながらドラッグするとコードを展開して配置されます。(チェックを入れたのと同じ状態です。)
  3. アップロードする様に設定したアイテムをcontrolキーを押しながらドラッグすると、「フォルダ名/files/アイテム名」のように、そのアイテムファイルまでのパスが表示されます。フォルダ名は@stashページのページインスペクタで任意に入力出来ます。

Insert code instead of tags」にチェックを入れておくと、2番目の動作が逆になります。


基本的な使い方

果てしなく長くなりましたが続けます。基本的な使い方を解説します。

*アイテムを新規作成しコードを入力します。

1.新規に@stashページを作成します。新規アイテムを作成して名前を付け(アップロードする予定の人は半角英数で付けましょう。)、コードを入力します。

*今回はスタイルつきテキストのページにしました。

2.@Stashアイテムを配置したいページを開き@stash inspector を呼び出します(⌘ + 9)。@stash inspector から配置したいアイテムを任意の場所にドロップします。

*stashコードが適用されています。
3.プレビューするとこの通り。

以上ですが端折り過ぎですかね?本当にこれだけなのですが、Nilrogs place@stash の「Inspector」の項を見ればイメージが掴めると思います。

念のために注意点などを揚げると…

  • HTMLコードのページには使えない。
  • 配置したStashアイテムが上手く表示されない場合は、その部分に「書式を無視」を適用してみる。(これは意味がないかも…)
  • ブログエントリに配置したStashアイテムがRSSリーダーで表示されない場合は、@stashのページのページインスペクタで「ページを有効にする」にチェックを入れる。(多分…)
  • デフォルトではメニューに表示になっているがメニューに表示されない。
  • アイテムをアップロードする際はページインスペクタで「ページを有効にする」にチェックを入れる。(多分…)
  • アイテムをアップロードする際はアイテム名に半角英数以外の文字を使わない( ’,=()/|<> などは不可。.-_はOK。)

通常のスニペットとしても優秀(フォルダで分類&コメントを付けることが出来る)なので、スニペットファイルを @stash にインポートして使うと良いと思います。

追記

@stash と同じことが PlusKit でも可能ですが、パーツごとに新規ページが必要な PlusKit よりも @stash の方がスマートだと思います。ただし、PlusKit でなければ機能しない事例もありますので、上手く使い分けるようにして下さい。
参考エントリ:スタイルつきテキストに Google Adsense を貼る(ブログパーツなどが上手く機能しない場合はこの方法で解決するかもしれません。)

あと、Blocks でも同じことが出来そうですが、Library に登録したパーツはスニペットと同じような物なので、元のパーツを編集しても配置したパーツには反映されませんでした。
共通パーツが作れないことで悩んでいた人は、是非 @stash を試してみて下さい。これはかなりオススメです。(このエントリの最初に配置してあるアイコンも@stashを使っています。)


【このエントリに使ったプラグイン・ツール】

blog comments powered by Disqus