RapidWeaver 6 は今月末?Realmac Software が新機能の詳細を公開

rapidweaver6


結局Betaプログラムに参加できなかった管理人です。

Realmac Software のブログに RapidWeaver 6 に関する新情報が掲載されていました。
RapidWeaver 6 Is Coming Soon! by @dancounsell — Realmac Blog

Mac App Store へ申請するための最終調整の段階まで来ているのかな?今月末のリリースを目指していると書かれています。

RapidWeaver 6 の新機能

ラピッドウィーバー 6 の新機能をざっと紹介します。
Web Design Software for Mac — RapidWeaver

5つの新テーマの追加

サードパーティー製のテーマが採用されるようですね。どのテーマデベロッパーもオシャレなテーマをリリースしていますので楽しみです。

アドオンマネージャー

プロジェクト単位でアドオン(プラグインやスタックかな?)を整理できるようですね。

64ビット化

64ビット化で大規模なサイト構築も可能なようです。推奨ページ数?制限も無くなるのかな?

公開の高速化

旧バージョンより3倍速く公開出来るそうです。

Markdown

Markdown(マークダウン)という記述方法が採用されました。これを機会に学習して作業の効率化を図るのもいいかもしれません。

バージョンと自動保存

WordPress などを使っているとわかりますが、バージョンと呼ばれる一定の作業時間で保存される機能が搭載されるようです。TimeMachine みたいな感じですかね。これは嬉しい機能。

サイト全体にコードを適用

個別にページに適用するしかなかった追加したいCSSやJavaScriptが全体に適用できるオプションが用意されるみたいですね。これもかなり嬉しい機能。

全画面表示

最近のエディタには多いですが編集画面をモニタ全体に表示して作業に集中することが出来ます。

プレビューサイズの選択

iPhoneやiPadなどスマートデバイスでの表示も確認できるみたいです。

マスタースタイル

似た機能はこれまでもありましたが、この機能は例えばサイドバーを全ページから非表示にしたいときに一括で出来るようです。これも嬉しい機能。

サンプルサイト

これまでのラピッドウィーバーはゼロから構築する必要がありましたが、5つのテンプレートが用意されているようです。これをカスタマイズして作業時間を短縮するのもいいかもしれませんね。

コミュニティ

これは従来の Realmac Software にあるコミュニティのことかな?それともアドオン別にコミュニティが用意されるということでしょうか?

ラピッドウィーバー 6 は、8月24日以降にラピッドウィーバー 5 を購入した方以外は$39.99の有料アップグレードになります。

みなさんにご相談

記事の内容とはちょっとズレますが「Happy Weaving.」「Let's Weaving.」を的確に訳せる方いらっしゃいますか?ラピッドウィーバー 5 の日本語インストーラーでは Weaving を「作業」的な意味合いで訳した記憶があります。

Comments

RapidWeaver 6 Beta プラグラムに参加する方法

Pasted Graphic

RapidWeaver 6 のベータ版がリリースされているようですが、ベータテスターになるには条件があるようです。
適当な英語でフォーラムに投稿してみたら何となくやり方がわかったので紹介します。

手順1 Realmac Software のフォーラムに登録する

まずはフォーラムのメンバーになる必要があります。ベータテスターに申し込む時にフォーラムのユーザ名が必要になるのでメモしておいてください。

手順2 HockyApp に登録する

HockyApp をよく分かっていませんが、以前メールクライアントの AirMail のベータテスターに参加した時に HockyApp を利用していました(ログインして気がつきました)。Facebookなどのアカウントで簡単に登録できます。
以下のリンクからログインしてフォーラムのユーザ名を入力します。
https://rink.hockeyapp.net/recruit/0bdfe1f7ec60493ea9b278d5daa1c9b7

簡単ですが上記の手順で申し込みだけは出来ると思います。ただし、申請順でテスターに参加できるようなので申し込んでもすぐにベータ版が入手できる訳ではないようです。
取りあえず申し込んで気長に待ちましょう。

Comments

そのプラグインは最新?RapidWeaver が起動しない場合の解決方法

RW5.x検証済み
このエントリの内容は RapidWeaver 5.x を使用して検証、カスタマイズされた時のものですが、このバージョンでの動作を保証するものではありませんのでご注意下さい。また、表示の無いバージョンでは動作しない、エラーが出ないという意味ではありません。
最近、100MB越えのプロジェクトファイルが開かなくて焦った事がありました。
プラグインを全部外したら起動したので調べてみたら RapidFlickr というプラグインが原因でした。
最新版にアップデートしたら解決したのでほっとしました。

以前
RapidWeaver が OSX 10.9 Mavericks で起動しない不具合のメモ|毎日の向こうに という記事を見て PlusKit は最新していたのですが、どうもOS10.9では Loghound.com のプラグインが原因のクラッシュが多いような気がします。
最新版にアップデートすれば解決したので、Loghound のプラグインをインストールしている人は最新版かどうかチェックした方が良さそうです。
Comments

不具合のあるプラグインは js や php テンプレートファイルのテキストエンコーディングを 日本語(Mac OS)にしてみる

RW5.x検証済み
このエントリの内容は RapidWeaver 5.x を使用して検証、カスタマイズされた時のものですが、このバージョンでの動作を保証するものではありませんのでご注意下さい。また、表示の無いバージョンでは動作しない、エラーが出ないという意味ではありません。
ユーザーの方から質問を頂いて思い出したので再エントリします。

不具合のあるプラグインは JavaScript テンプレートファイル「ファイル名_js_tpl.txt」や「ファイル名_php_tpl.txt」を疑おう

不具合のあるプラグインに遭遇したら、メニューバーの「RapidWeaver」から「テーマとプラグインの管理」をクリックするとプラグインやテーマが格納されたフォルダがFinderで開きます。

当該プラグインを見つけたら、プラグインのパッケージを開いて

プラグイン名.rwplugin/Contents/Resources/ファイル名_js_tpl.txt
プラグイン名.rwplugin/Contents/Resources/ファイル名_php_tpl.txt

などをとりあえず探します。例えば
ファイル名_js_tpl.txt は、JavaScriptファイルのテンプレートテキストファイルだと思います。このファイルはRapidWeaverを介してサーバーにアップロードされると ファイル名.js というファイルとして生成される仕組みです。


ファイル名_js_tpl.txt や ファイル名_php_tpl.txt を見つけたら試すこと

例えば ファイル名_js_tpl.txt を見つけたら、以下の順番で修正を試みてください。そのためにはテキストエンコーディングが出来るテキストエディタを事前に用意しておいてください。無料のものだと CotEditormi などが有名かと思います。管理人は Coda 2 App (¥7,400)Espresso を使っています。

1.バックスラッシュが円記号になっていないか調べる

ファイル名_js_tpl.txt を開いて、半角の ¥ 記号があるか検索をしてみてください。もしあった場合は、同じく半角の \(バックスラッシュ)にすべて置き換えてください。

2.テキストエンコーディングを 日本語(Mac OS)に変換する

1の作業で半角の ¥ 記号が無かった場合は、テキストエンコーディングを 日本語(Mac OS)、左記がなければ Japanese(Mac OS)に変換してみてください。そうすると半角の ¥ 記号が表示される場合があります。もしあった場合は、同じく半角の \(バックスラッシュ)にすべて置き換えてください。

3.テキストエンコーディングを 日本語(Mac OS)に変換して保存する

2と同じ作業ですが、¥ 記号が無い、テキストエンコーディングを 日本語(Mac OS)に変換しても ¥ 記号が表示されなかった場合は、そのまま保存してください。

それでも解決しない場合は

テンプレート式のファイル以外のjsファイルやphpファイルを疑いましょう。もう地道にローラー作戦で行くしかありません…。


プラグインが更新されたら同じ作業をする

もし、修正したプラグインがカスタマイズされたら同じ作業をして対応してください。現時点ではこの方法しか対処できないと思います。


関連記事

Comments

RapidWeaver 6 β版リリースに関する情報

rapidweaver6_icon


私もそうですが、RapidWeaver 6 がいつリリースされるのかヤキモキしている方も多いと思います。
その件について続報がありましたのでエントリしました。

RapidWeaver 6 の最新情報

Another Update on RapidWeaver 6 - Realmac Community Forums

英語が理解できる方は上記のリンクをお読みください。以下簡単に要点だけをまとめてみました。(間違ってたらごめんなさい)


リリースは7月末〜8月中旬か?

フォーラムに投稿された内容を見ると、β版のリリースは6〜8週間後とありますので、7月末〜8月中旬頃になるものと思われます。もちろん変更の可能性もあります。
フォーラムのメンバーに対してリリースされるようです。フォーラムに事前登録する必要があるのかな?

対応するOSは OS X Mavericks 以上

OS X Mavericks、数字で書くとOS10.9以上ですね。先日発表された OS X Yosemite(10.10かな?)にも対応しているようです。

RapidWeaver 6 は64bitアプリケーション

64bit化されたことでファイルサイズが大きくなっても高速に動作するということでしょうか?

5で使っていたテーマとスタックはそのまま利用可能

購入した資産が無駄にならなくてよかったです。

プラグインはアップデートが必要

プラグインはデベロッパーが提供する最新版を利用するようにと書いてあるのかな?64bitはプラグインに影響するようです。
RapidWeaver 6 を起動すると互換性のないプラグインに対する警告が出るみたいですね。

RapidWeaver 6 は 5のプロジェクトファイルをそのままでは開けない

RapidWeaver 6 はサンドボックス化されたことで、5のプロジェクトファイルをそのまま開けないようになっています。
近々リリースされる RapidWeaver 5 の最終バージョン?に6への変換エクスポート機能が搭載されるのでそちらを利用すればいいようですね。

デベロッパーは対応済み?

昨年の夏から各デベロッパーに対して6への対応をサポートしているそうなので、RapidWeaver 6 のリリースと同時にプラグイン類に関してはすぐに使えるようになるみたいですね。
でも開発をやめてしまったプラグイン、無料のプラグインに関しては期待しない方がよさそうです。

とりあえずこんな所でしょうか。
個人的にはブログ機能の強化、まともなPHP化がされていればいいなと思います。

Comments

ロゴマークやサイトタイトルをクリックしたらホームに戻る&マウスオーバー時のツールチップをカスタマイズする方法

RW5.x検証済み
このエントリの内容は RapidWeaver 5.x を使用して検証、カスタマイズされた時のものですが、このバージョンでの動作を保証するものではありませんのでご注意下さい。また、表示の無いバージョンでは動作しない、エラーが出ないという意味ではありません。
2ちゃんねる掲示板である質問を見かけたのでエントリを書きました。(そこでも回答したのですが詳しく説明するためにこちらでも書きます)

最近のRapidWeaverテーマはサイトタイトルやロゴマークへのリンク(このサイトで言うとhttp://rapidweaverfan.net)が設定されているものが多いですが、標準でインストールされているテーマにはその設定が無いようです。
今回はテーマを直接カスタマイズしてその機能を実装しようと思います。


テーマのindex.htmlを編集する

サンプルとしてテーマビューから標準テーマの「Baukraft」を右クリックで複製して名前を付けて保存し、同じく右クリックでFinderにテーマのContentsフォルダを表示します。
その中に「index.html」というファイルがありますのでテキストエディタなどで開きます。

このテーマでロゴマークとサイトタイトルに該当するコードはこの部分です。

%site_title%


上記のソースコードで注目する所は、3行目の%logo%と5行目の%site_title%です。(
*都合により%は全て大文字で表記していますが実際は半角英数で記述してください
%logo%の部分は設定したロゴマークの画像が、%site_title%には設定したサイトタイトルが挿入される仕組みになっています。

サイトタイトルとロゴマークにWEBサイトのURLを設定する

サイトタイトルやロゴマークに、WEBサイトのURLを設定するには以下の様にコードを編集します。



見てわかると思いますが、ロゴマークやサイトタイトルに
WEBサイトのURLがアンカー(リンクタグ)として設定されています。
base_url%の部分が、WEBサイトのURL(このサイトだとhttp://rapidweaverfan.net)に当たります。
これでロゴマークやサイトタイトルをクリックするとベースのURLに移動するようになります。


サイトタイトルとロゴマークにマウスオーバーした時のツールチップを設定する

標準テーマである「Baukraft」にはマウスオーバーした時のツールチップが設定されていませんが、サードパーティー製のテーマには「Home」と設定されているものがあるようです。違和感がある方もおられると思いますが、ツールチップ(吹き出し)としては正しいように思います。ただ、「ホームに戻る」など自由な言葉に変更することは標準の機能では出来ません。そこでこれまでと同じようにindex.htmlを編集します。

アンカータグにtitleを指定する

サイトタイトルやロゴマークのアンカータグにタイトル属性を指定したい場合は、以下の様にコードを編集します。



これで、マウスオーバー時のツールチップを制御することが出来ます。タイトル属性にサイトタイトルを設定したい場合は以下のようにします。




はじめからツールチップが設定されているテーマの場合

例えばBrandon Lee Theme DesignのAmbienceというテーマだとこの様な記述になっています。



ソースコードの6行目を見ると、title="Home" という記述があります。これがツールチップの部分です。ここの「Home」の部分を書き換えればOKです。

以上でこのカスタマイズは終了です。
Comments

終了した Twitter のRSSフィード を Googleスクリプトで復活させる方法

RW5.x検証済み
このエントリの内容は RapidWeaver 5.x を使用して検証、カスタマイズされた時のものですが、このバージョンでの動作を保証するものではありませんのでご注意下さい。また、表示の無いバージョンでは動作しない、エラーが出ないという意味ではありません。
Twitter API 1.0 の提供が終了してしまい、Twitter RSS ガ利用できなくなったようですが、Googleスクリプトを使って Twitter のRSSフィードを取得する方法がありましたので試してみました。
参考にしたのはこちらのサイトの記事:
サポートが終わってしまった今、TwitterのRSSフィードを取得する方法 : ライフハッカー[日本版]

用意する物

  • Googleアカウント

導入手順

Twitter で自分のID(Widget ID)を取得する

Twitter にアクセスしたら画面右上の歯車アイコンをクリックして「設定」を選択
左サイドバー下の「ウィジェット」を選択したら画面右上の「新規作成」ボタンをクリック
何も変更せずに画面左下の「ウィジェットを作成」ボタンをクリック
表示されたコードをテキストエディタなどにコピー&ペースト

ペーストしたコードの一行目
「data-widget-id="この部分が数字"」の数字部分が自分の Twitter ID になります。


Googleスクリプトで Twitter RSS スクリプトを実行する

Twitter RSS Generator - Digital Inspiration というスクリプトを自分のGoogleアカウントにコピーして使用するようです。下記リンクをクリックしてください。
Twitter RSS Generator をコピーする

コピーして画面が切り替わったら、

  1. メニューの「実行」をクリックして「Twitter_RSS」を起動して承認
  2. メニューの「公開」をクリックして「ウェブアプリケーションを導入」を選択
  3. 「プロジェクトバージョン」を「1」にして保存をクリック
  4. 次のユーザーとしてアプリケーションを実行:「自分(自分のログインメールアドレス)」
  5. アプリケーションにアクセスできるユーザー:「全員(匿名ユーザーを含む)」
  6. 「導入」ボタンをクリック
  7. 「現在のウェブアプリケーションの URL」をコピー

コピーしたURLに自分の Twitter ID(Widget ID)を足した物が Twitter のRSSフィードになります。ポイントは Twitter ID(Widget ID) の前に半角の「?」を足す所ですね。
https://script.google.com/macros/s/AbcdEfGhiJKlmNoPqRStuvwXYz/exec
?123456789

以上で作業は終了です。


取得した Twitter RSS を DooBox の The RSS Factory Stack で表示してみた

画像も表示できる便利なRSSフィード表示用Stackです。
RSS Factory Stack


サンプルページ

サンプルページを作りました。
終了した Twitter のRSSフィード を Googleスクリプトで表示


お勧めStack

こちらのStackは新しいAPIに対応しているようですね。Twitter以外にもFacebook、App.net、Google Plus、Tumblr、Last.fm、Delicious、Flickr、YouTubeなどにさまざまなサービスに対応しています。
Interactive Demos が素晴らしいですね。実際の管理画面がライブビューで確認できます。
Lifestream Stack For RapidWeaver
Comments

8つのプラグインがセットになった RapidBundle2

RapidBundle2


ジャンルの違うプラグインが揃っています。お勧めです。

Realmac Addons - Get themes, plugins, destinations & more for RapidWeaver, Courier & LittleSnapper.

Comments

肥大化したRWプロジェクトファイルを最大70%軽量化してアップロード速度を改善出来るアプリ『The Big Bite』

The Big Bite

肥大化したRWプロジェクトファイルを軽量化してアップロード速度を改善出来る『The Big Bite』というラピッドウィーバー専用アプリが登場しました。簡単に言うと、プロジェクトファイル内の画像サイズを小さくするアプリですね。


プロジェクトファイルはなぜ重くなる?

ラピッドウィーバーのプロジェクトファイルは基本的に画像が埋込まれますので次第に容量が多くなり読み込み時間やサーバーにアップロードする時間が当然ですが長くなってしまいます。


The Big Bite を使うとどうして画像サイズが小さくなるのか?

詳しい仕様があるのか無いのか分かりませんが、見た目が変わらないレベルでの画像自体の圧縮、メタ情報など不要な物を削除して軽くしているんだと思います。うたい文句である70%軽くはちょっと大げさな気もしますが、画像を最適化しないでいつも貼っている人なら50%くらいの圧縮は見込めるかもしれませんね。(最適化してくれるのはJPEG画像のみのようです)
プロジェクトファイルが重くて困っている人は試す価値はありそうです。念のためにバックアップをお忘れなく。


管理人が普段使っている画像最適化アプリ

最近使い始めた画像最適化アプリをご紹介します。見た目を変えずに画像自体を圧縮、撮影日時のデータなどメタ情報を削除してくれるアプリです。

PNG画像を最適化するなら『ImageOptim』

PNGを最適化するならこのアプリがお勧めです。サイズが大きいと時間がかかりますが確実に容量は小さくなります。JPEG画像も圧縮できますので入門用にピッタリだと思います。
ImageOptim — make websites and apps load faster (Mac app)

JPEG画像を最適化するなら『JPEGmini』

今はこちらの有料版をメインに使っています。少々使い勝手は悪いですがもう手放せません。PNGは扱えないので ImageOptim を併用しています。

JPEGmini (Version 1.4.3) App
カテゴリ:写真
掲載時の価格:¥1,700
デベロッパ名:ICVT Ltd.
リリース日:2012/05/01
対応デバイス:無し
現Ver.の平均評価: (無し / 0件の評価)
通算の平均評価: (4.0 / 6件の評価)
Game Center:非対応
 


JPEGmini Lite (Version 1.4.3) App
カテゴリ:写真
掲載時の価格:無料
デベロッパ名:ICVT Ltd.
リリース日:2012/05/30
対応デバイス:無し
現Ver.の平均評価: (4.5 / 3件の評価)
通算の平均評価: (4.5 / 17件の評価)
Game Center:非対応
 

Comments

メモリエラーなどでサイトの公開が出来ない場合の対処法

RW5.x検証済み
このエントリの内容は RapidWeaver 5.x を使用して検証、カスタマイズされた時のものですが、このバージョンでの動作を保証するものではありませんのでご注意下さい。また、表示の無いバージョンでは動作しない、エラーが出ないという意味ではありません。
メモリエラーなどでサイトの公開が出来ない場合、以下の方法で直る場合があります。

他のプロジェクトファイルを閉じる

もしプロジェクトファイルを複数開いていたら他のプロジェクトファイルを閉じてください。

RapidWeaverを再起動する

アプリケーションの再起動をすると直る場合があります。

そちらも確実な方法ではありませんが1つの対処法として。
Comments

RapidWeaver の使い方解説ブログ「RapidWeaverを使い倒す!」がオープン

1348152257667

RapidWeaver の使い方を解説する「RapidWeaverを使い倒す!」というブログを発見してとても嬉しかったので紹介させて頂くことにしました。記事はまだ少ないですが、今後に期待してしまうような記事が既にアップされています。

RapidWeaverのFTPブックマークをDropboxを使って複数のMacで共有する方法。 | RapidWeaverを使い倒す!| Macで簡単サイト作り。

ちょうど実験したいことがあったので、この記事を参考にしてやってみようと思ってます。


今回紹介したブログ

RapidWeaverを使い倒す!| Macで簡単サイト作り。


その他の参考になる日本語のラピッドウィーバー関連サイト

Macな暮らし ::

Comments

RapidWeaver Mega Bundle 総勢45個のプラグイン・Stacksプラグイン・テーマのセットが90%オフの$99.99で販売中!個別のパックもあり!

69816472_400x300


Mac用ビギナー向けホームページ作成ソフトの定番 RapidWeaver に初のメガバンドルが90%オフで登場! | マクポン

これからRapidWeaverをはじめる方や、プラグインなどを買いそろえようかと考えていた方にはお勧めでは無いでしょうか。
全部セットでの購入の他に、プラグインだけ、Stacksプラグインだけというような買い方も出来ます。
RapidWeaver本体も、50%オフになっていました。

Comments

RapidWeaver 5.3.1 の日本語化ファイルを公開しました

RW5.x検証済み
このエントリの内容は RapidWeaver 5.x を使用して検証、カスタマイズされた時のものですが、このバージョンでの動作を保証するものではありませんのでご注意下さい。また、表示の無いバージョンでは動作しない、エラーが出ないという意味ではありません。
RapidWeaver 5.3.1 の日本語リソースを公開しました。今回も、通常のインストーラ(dmg)と手動インストールの2つを用意しました。

スクリーンショット(2012-08-16 20.47.48)


5.3.1で変更された所と修正点

  • ガベージコレクション関連の記述を削除
  • 誤って日本語に翻訳されたプログラムコード等を修正
  • ユーザーインターフェイスを修正(文字が隠れているなど)

相変わらずプログラミングコードを巻き込んで翻訳している所もあったり常用できない状態でしたが、全体的にローカライズがまともになっているような気がします。私のローカライズファイルを参考にしたのかな?

公式バージョンのローカライズに不満があった方はぜひお試し下さい。
ローカライズの提案や修正などありましたらお願いします。

ダウンロード

日本語リソースのダウンロード
ダウンロードの際、励ましやコメントを頂けると管理人のモチベーションが上がるかもしれません。

Comments

RapidWeaver 5.3 の日本語化ファイルを公開しました

RapidWeaver 5.3 の日本語リソースを公開しました。今回も、通常のインストーラと手動インストールの2つを用意しました。>> 続きを読む...
Comments

初心者でも簡単導入! Mac で Dropbox の複数アカウントを同時に使用する方法

ラピッドウィーバーとは関係のない話題ですが、Dropbox をダウンロードファイル置き場として使う事にしたので、Dropbox の複数アカウントを同時に使用する方法をメモ的にエントリします。>> 続きを読む...
Comments